ケーススタディ Zeelandia社でベーカリー原料をふるい分け

Zeelandia社でベーカリー原料をふるい分け

大手ベーカリー原料メーカーが振動ふるい機で生産性と純度を改善

ベーカリー原料のトップメーカーであるゼーランディア社は、拡大する市場の需要に対応するため、製品品質の最適化、生産性の向上、ダウンタイムの削減を求めていました。新しい粉体振動ふるい機の主な要件は、1時間当たり2トンのベーカリーパウダーの処理能力を達成すること、HACCPやATEXなどの厳しい安全衛生基準を満たすこと、生産工程の中断を最小限に抑えることです。そのためには、メッシュサイズを小さく保ちながら、さまざまなメッシュサイズの製品をふるいにかける必要がありました。

Sieving bakery ingredients

過去に既に弊社と遣り取りをしていたため、Zeelandia 社はRussell Finex社に解決策を求めました。Russell Finex社の革新的な経験とテスト施設のメリットを知り、Zeelandia 社は特注の900mmの振動ふるい機 Russell Compact Sieves® を2台導入し、1台にはメッシュ上の目詰まりを防ぐRussell Vibrasonic® Deblinding System をオプションで付けました。Zeelandia社の目標を達成するため、装置は、既存のプロセスにピッタリと適合するように、大きめサイズのアンダーパンと低めのシーブデッキをカスタマイズしました。また、Russellの高品質なメッシュを採用し、素早いメッシュの交換、ダウンタイムの削減と生産性の改善を実現させました。装置はATEX規格に適合し、さらにHACCPやFDA などの厳しい衛生基準にも完全に準拠しました。

pdf

ケーススタディの全文をダウンロードする

このフォームに記入すると、詳細なケーススタディのコピーを受け取ることができます。

お問い合わせ

私たちの専門家チームは、お客様の特定のニーズに合わせたソリューションを見つけるお手伝いをする準備ができています。